埼玉の優良な外壁塗装会社の探し方

埼玉県は人口が増えている県です。特に県の南部を中心に人口が増加しています。そのため、新築住宅も多く建築されており、一方で築10年以上の住宅を多く存在します。築10年を経過するといよいよ外壁塗装について頭の片隅に入れておかなければなりません。ただ、たくさんの外壁塗装業者がありますので、いざどこの業者がいいのか迷ってしまうことも多くあります。世の中には外壁塗装の業者の中にも悪質業者があります。埼玉県でも例外ではありません。悪徳業者の手口を知ることは重要です。例えば、高額の費用を請求したり、あるいは手抜き工事をすることです。その一方で、優良な業者を見つけるコツを知ると、満足できる外壁塗装ができるのではないでしょうか。以下、優良な業者を見つけるのに必要なポイントを2つ紹介します。

業者のホームページで会社と職人をチェック

優良な外壁塗装業者を探すコツの1つは、業者のホームページをじっくりとチェックすることが必要になります。埼玉県の業者でも多くの業者がホームページを出しています。ただし、古くからある個人でやっている塗装業者の場合で、経営者が高齢の場合にはホームページを出していない可能性が高くなります。ホームページを見るときのポイントはなんでしょうか。デザインでしょうか。それとも文字の大きさや読みやすさでしょうか。まず注目するのは、所在地や実績、職人の人数や顔写真を見ておくことです。最近は、現場写真を載せており、どのように工事をしているか実例を掲載している塗装業者が増えています。実際に塗装をしている画像を載せることが出来るのは、しっかりとした塗装をしている証拠とも言えます。職人の顔写真も実体がわかってよいです。

自社で施工しているかどうかもポイント

外壁塗装を申し込んでも、その申し込んだ会社の職人が塗装をするとは限りません。信頼をして申し込んだ業者なのに、下請業者に任せてしまっては意味がありません。埼玉にも下請業者を使っているところがたくさんあります。もちろん下請業者だからと言っていい加減に工事をするとは限りません。申し込んだ会社も監督としてしっかり見ているかもしれませんが、直接業者が塗装するのと間接的に塗装をするのでは大きく異なります。作業が始まってからも連絡をとれる仕組みがある業者は、優良な塗装業者と言うことが出来ますし、連絡をしっかり取れる仕組みがある会社は自社で施工している会社の方が多いのです。もう一つ、気にするべき点は費用です。間接的に塗装をしたと言うことは、それだけ中間マージンがかかっていると言うことになります。中間マージンは塗装料金のおよそ7パーセントから10パーセントくらいになります。その費用を考えると自社で施工をした方が良いでしょう。